水道水ろ過タイプの選び方

まずは直結型か補充型かを選ぶ

水道水ろ過タイプには水道に直結させるタイプと、水道水を使用者が補充するタイプの2通りがあります。そして水道直結タイプは本来の蛇口とは別にウォーターサーバへの分岐を作るため、工事をする必要があります。また水道があるところからあまり遠く離れたところには設置することができません。ただ基本的な条件が満たせて工事も済めば、それ以降は特に大掛かりな作業もなく使用できます。それに対して補充するタイプは水が減ったらその分人力で追加しなければなりませんが、工事が必要なく電源に接続するだけですぐに使い始めることができます。そして電源があって、補充用の水の持ち運びが困難でさえなければ、色々なところに設置できます。水道水ろ過タイプのウォーターサーバーを利用する際には、まずこの2通りの特徴を把握した上でどちらかを選びましょう。

基本的な機能もしっかり確認

基本的に水道水ろ過タイプのウォーターサーバーは、その中にあるフィルターに水を通す仕組みをしています。そしてそのフィルターには色々な種類に分かれ、ただ水の中に含まれる不純物を取り除くだけではなく、ミネラルを追加したり水質を変化させたりするものもあります。そのためウォーターサーバーの水に何を求めるかで、フィルターの種類を決めましょう。またフィルターには寿命があり、いつかは交換が必要になります。また内部を清潔に保つために清掃も欠かせません。したがってメンテナンスの頻度や方法も把握しておきましょう。水道水ろ過タイプのウォーターサーバーには、利用者が簡単に分解できてこまめに洗浄ができるものと、専門家でないと隅々まではきれいにできないものがあります。