水道水ろ過タイプのメリット

水道水ろ過タイプのウォーターサーバーの魅力

ウォーターサーバーと聞くと、多くの方はボトルタイプのものをイメージされるかと思いますが、ウォーターサーバーには水道水をろ過するタイプも存在します。水道水ろ過タイプのウォーターサーバーには大きく水道とサーバーが直結された水道直結タイプと、自分でサーバーに水道水を補充する水道水補充タイプの2種類がありますが、いずれもランニングコストが一定というメリットがあります。

ボトルタイプのウォーターサーバーの場合、水を使えば使うほど支払う料金が増えていきますが、水道水ろ過タイプの場合はレンタル料は発生するものの、水をどれだけ使っても水道代が増えるだけでウォーターサーバー会社に支払う料金は変わりません。そのため、気兼ねなく水を使うことができますが、水を注文したりボトルを廃棄したりする手間がかからないのも水道水ろ過タイプの魅力です。

水道直結タイプと水道水補充タイプのメリットについて

上記でも触れましたが、水道水ろ過タイプと一口に言っても大きく水道直結タイプと水道水補充タイプの2種類に分けられますが、水道直結タイプは水道水を補充する手間がかからないというメリットがあります。水道直結タイプは、水道とサーバーをつなぐ工事が必要ですが、一度設置してしまえば自動的に水道水が補充されていくので管理が非常に楽です。また、水道直結タイプは機種が豊富なので、好みの機能やデザインを選べるというメリットもあります。

一方の水道水補充タイプは、水道水を補充する手間がかかりますが、設置場所の自由度が高いというメリットがあります。水道に近い場所の方が水の補充が楽になりますが、電源が確保できれば室内のどこに設置しても問題ありません。このように、水道直結タイプと水道水補充タイプはそれぞれ特徴が異なるので、自分たちの家庭に合った方のタイプを選択しましょう。