ボトルタイプのメリット

水道工事が必要なく設置できる

ウォーターサーバーにもいろいろな種類がありますが、ボトルタイプは特に多くの人に選ばれています。こうしたタイプを選ぶメリットでは、まず水道工事の必要がないことがあげられます。水道直結型のウォーターサーバーは、水を購入する必要がないというメリットがありますが、水道とつなげるために工事が必要です。そして、水道が近くにない場合は設置できないこともあり、設置場所も限られてしまいます。その点、ボトルタイプであれば水道工事の必要はなく、電源を入れたらすぐに使えるようになります。水はボトルのものを使いますので、水道が近くにある必要はありません。水道が通っていないリビングなど、場所を選ぶことなく設置できるのもメリットといえます。

いろいろな水を楽しめる

ボトルタイプのウォーターサーバーでは、水は宅配で届けられます。それゆえ、ペットボトルで市販の水を購入してきたときのように、重い水を持ち運ぶ必要もなくなります。災害対策としては、水の備蓄は欠かすことができませんが、ボトルに入った水は災害対策用の備蓄水としても活用できます。ボトルの処分方法は業者が回収する方法や、つぶしてゴミとして処分するなど業者ごとに違いますので、処分豊富も確認しておきましょう。水道水タイプのウォーターサーバーでは、水の種類を選ぶことはできません。その点、ボトルタイプであれば、ろ過水や天然水など好みに合う水を選ぶことができます。ボトルのサイズも豊富に用意されており、家族の人数や使用量に合わせて最適なものを選ぶこともできます。