ボトルタイプのデメリット

重いため取り扱いが難しくなりやすい

ウォーターサーバーのボトルは中に水が入った状態で届くため、とても重いです。ボトルの種類によっては10kgを超えるものもあり、力の弱い人では持ち運ぶのもひと苦労でしょう。さらに高い位置に設置するタイプのウォーターサーバーだと、その位置まで持ち上げなければなりません。その設置作業自体が困難だったり、落下させてしまうなどのアクシデントのリスクが伴うのが、ボトルタイプの大きなデメリットと言えるでしょう。したがってもし大きなボトルを無難に取り扱うことができない人は、なるべく小さくなおかつウォーターサーバーの下部に取り付けられるものを選んだり、ボトルではなく比較的軽いものが多いパックタイプを選ぶと良いでしょう。

ボトルごとのデメリットもある

水を使い終わって空になったボトルは、そのまま潰して捨ててしまっても問題ないものと、新しいボトルと交換で引き取ってもらうものの2通りがあります。そして潰せるタイプのボトルは、潰しやすいように比較的柔らかい素材でできています。そのため水が入った状態で持ち運ぶ際に不安定になりやすいです。それに対して交換するタイプのボトルは、しっかりとしているものが多いです。ただ潰すことを想定していないため、回収されるまで空のまま置いておかなければなりません。したがってスペースを取られやすいのが弱点です。ボトルタイプのウォーターサーバーを利用する際にはそれぞれの特徴を把握した上で、負担が少ない方を選ぶようにしましょう。